• 【賞金総額20万】【18卒エンジニア学生必見!】
    技術職を積極採用する企業の特別オファーを賭けた、

    オンラインプログラミングチャレンジ開催!

    成績優秀者には総額20万円をご用意!その他、面接・ESパスや、いきなり最終選考などの特典も!?
    全国一斉オンライン参加型の18卒学生向けプログラミングチャレンジ【Sprint】

  • Sprint(スプリント)とは

    Sprintは、エンジニア学生向けのプログラミングチャレンジプラットフォーム「codecheck」上で開催される、全国一斉オンライン参加型のプログラミングチャレンジです。

     

    オンライン上で提供されるプログラミングテーマに従ってプロジェクトを開発し提出すると、成績に応じて参画企業からの選考オファー(最終選考パス、役員面接権など)を獲得することができます。地方在住の方でも、東京に来て何度も面接に参加することなく、自宅から選考オファーを獲得できる画期的なイベントです。

     

    今回のSPRINTでは、2016年8月22日(月)〜9月16日(金)の約1ヶ月の期間中に、指定されたチャレンジテーマをもとにオリジナルのアプリケーションを開発し、codecheck上で提出していただきます。

    提出されたプロジェクト・コードは、参画企業の現役エンジニアや業界をリードする著名な技術者が評価します。上位10名の参加者にはそれぞれ2万円の賞金をご用意しています。また、企業から選考オファーが届きます。

     

    また、成績優秀者には東京までの交通費を最大2万5000円補助し、企業担当者や現役エンジニア、全国のハイレベルな学生と直接話せるミートアップイベント(10月8日または9日のどちらかの日程)にご招待をさせていただきます。トップ作品に選ばれると、賞金もございますので、ぜひチャレンジしてみてください。

     

    オンライン上で、都内IT企業の選考オファーを獲得するチャンス!

    みなさんのチャレンジをお待ちしております!

  • Sprintの特徴

    ①自宅や大学からでも参加可能!

    SPRINTでは自宅や学校で問題に解答して、オンライン上で提出することができます。地方在住の方でも、何度も都内に来ることなく、選考に参加することができます。

    ②人気IT企業のオファーをGET​!

    各企業が用意したインターン参加権や選考パス特典など、各種オファーをGETすることができます。

    ※企業担当者から直接ご連絡させていただく場合があります。

    ③都内のITイベントヘ

    ご招待

    10月8・9日に都内IT企業複数社と会えるマッチングイベントを開催予定です。交通費支給最大2万5000円で、企業のエンジニアと会えるイベントにご招待させていただきます。

  • Sprintの概要

    開催形態

    オンライン

    開催期間

    2016年8月22日〜

    9月16日

    (事前登録は8月8日〜)

    チャレンジ可能な開発言語

    JavaScript

    (Node.js), Ruby, Python,

    PHP, GO, C/C++

    参画企業

    約20社

    問題数

    アルゴリズム:3問

    Webアプリ:1問

    参加者定員

    300名程度

    参加対象

    エンジニア志望の18卒学生

    回答にかかる平均目安時間

    初級問題:60分程度

    中級問題:3時間程度

    上級問題:6時間程度

    回答時間

    9月16日23時59分まで

  • チャレンジテーマ

    -New Metropolitan Hack-

    人々の新都市生活を豊かにする時刻表・乗換案内アプリをHackせよ」

    2020年の東京オリンピックの開催に向けて、政府は訪日される多くの観光客を受け入れるため、日本国内に新しい都市(A市とB市)を開発する事を発表しました。新都市の発展には鉄道を整備する必要があり、それぞれの市の地形に合わせた鉄道路線が開発されました。 そして、多くの市民や訪問者に鉄道を快適に使っていただくために、鉄道の時刻表システムを構築するプロジェクトにあなたはアサインされました。

    日本の新架空都市、A市とB市の鉄道の時刻表および乗換案内を作成するのが、今回のあなたのミッションです。

     

  • 「時刻表・乗換案内のアルゴリズムを作成せよ」

    アルゴリズムチャレンジ

    「人々の新都市生活を豊かにする時刻表・乗換案内アプリをHackせよ」

    Webアプリケーションチャレンジ

  • 他の多くの分野と同様,プログラミングにも思考型のものと,知識型のものがあります.

    ほとんどのプログラミングではそれらがミックスされます.今回の問題は思考型にウェイトがかかっていますが,バランスの取れた技術力を磨くために,こういうタイプの問題にもぜひ挑戦してください.

    今回の問題(乗り換え案内)はもういくつも実用的なソフトウェアが存在しますが,その中身の片鱗に触れて,先人の知恵に学ぶのは,みなさんの将来に必ず役立ちます.

     

    東京大学 名誉教授

    IPA未踏 統括プロジェクトマネージャー

     

    竹内郁雄

  • Sprintの運営企業

    エンジニアが活躍できる文化の創造を通じて"すべての人に成長を"の企業理念を実現

    Givery, Inc.

    Giveryは、東京大学をはじめとする全国の大学と連携し、ハッカソンなどを通じた学習支援の取り組みから学生のキャリア形成までを支援することで、エンジニアが活躍できる文化を創ることを目指す企業です。

  • 参加は全国どこからでも可能!

    まずはこちらからエントリーしよう!

    上級問題正答率は5%以下?! あなたはこの問題を回答し、選考オファーを手に入れられるか?!